相互RSS




2019年iPhoneは3D Touch廃止、2020年に指紋認証復活、iPhone SE 2も登場か

シェアする

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏は、Appleのサプライチェーン筋からの情報を元に、将来のiPhoneの情報を報告。MacRumorsが伝えています。

(iPhone 2019年モデルのイメージ 画像出典:MacRumors

それによると、2019年のiPhoneは以下の通り。

  • 背面カメラの多眼化を除き、設計変更は比較的少なく、生産は通常の7月~8月に始まる
  • 3D Touchは全ての機種で廃止、Haptic Touchが拡張される可能性
  • Ming-Chi Kuo氏の予測通り、iPhone XR後継機は実行3GBメモリが4GBに増強
  • LGがOLED供給に加わる

(中略)

また、2020年のiPhoneについては以下の通り。マイナーチェンジに過ぎない2019年のiPhoneとは異なり、大幅に変わる可能性がありそうです。

  • 全てのモデルでOLEDに移行
  • 5G対応、背面カメラによる3Dセンシング、音響指紋技術による「フルスクリーンTouch ID」など、大きな変化に
  • 少数のサプライヤーが、2020年初頭にiPhone 8と同じ部品を持つ「iPhone SE 2」の可能性を言及したが、知らないサプライヤーもいた

次期iPhoneは2019年9月に発表される見通しです。

引用元:https://smhn.info/201905-2019-2020-iphone-rumors

1: 自演 2019/05/26(日) 08:00:00.00 ID:zien
今年より来年のiPhoneの方が変化大きそう